福島のセフレはできるだけ階段を上り下りしたくない

平屋です
良い、平屋

福島のセフレは平屋に住みたいと思っていました…
多分この夢は実現しないでしょう

老後の物語が2つか3つあるのは本当に役に立たない。
できるだけ階段を上り下りしたくない
https://www.nikukai.jp/fukushima-sefure/

家を買うことや建てることを考えている若者は、自分の老後について考える必要があります。

福島のセフレの家は30年でガタガタ鳴る
その時に再建したり、買い直したりするための財源がなければ、老後の平屋は絶望的です。
若い頃は子供連れの2階建ての建物が現実的ですが、老後は1階建ての建物がいいです。
これは絶対的と言えます
ああ、2人の老夫婦と一緒に暮らすことが前提です
最近一緒に住んでいる花嫁と息子はおそらく少数派であり、基本的には老後は二人の夫婦が一緒に住んでいると思います。
その場合、2階建ての建物の2階は使用せず、使用したくありません。

いいね。
1話
平屋に住みたい

近所に賃貸住宅があります
今は賃貸住宅かどうかわかりません
少し前に改造しました
築20年の家のリフォーム
ダメじゃないですか。それは基礎ですか、それともボロボロですか?
川だけがきれいでも中はボロボロ?

福島のセフレされた家が借りられたのか売りに出されたのかはわかりませんが、どういうわけか家は美しくなりました

たまに不動産屋みたいな人が来て何かをして帰ってくる

福島のセフレ
借り手がいるのかな

まともな人が来るように祈るしかない
近所を失いたくない

そうは言っても、その改装された家

たまに来る不動産屋さんは毎回バカですか?
どこかで電気を消して家に帰るのをいつも忘れています

この前は、廊下のライトが点灯していました
これでバスルームのライトが点灯します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です