いわきのセフレの彼に挨拶した

私は犬を恣意的に「犬くん」と名付けました。

今朝またいわきのセフレくんに会います。私は彼に挨拶した。

“おはようございます”
「おはようございます。今日は早いです。」

「犬くん」はそう言っているようだった。

いわき市でセフレを作る方法を公開。セフレは必ず見つかる!

 

「忙しくて準備するから」
“それはいいです。”
「いわきのセフレ、犬くん、今日はどうなっているの?そんな格好をしている」

私は犬を見て言った。彼はいつもとは違って服のようなものを着ていた。

「最近寒くなってきたので着替えましたが、この服装には満足していません。」

いわきのセフレは主張した。私は彼に見栄えが良いと言ったが、彼は続けた。

「よく見てください。背中に「赤ちゃんの子供たち」と書いてあります。それが何を意味するのかわかりません。それは「男の子」です。 「そして私は犬の年齢で40歳以上です。赤ちゃんの子供はそれほど素晴らしいではありません。」

犬くんはそう言っているようだった。
そして彼は小屋に入った。

確かに、「ベイビーキッズ」に扮してごめんなさい。

私はそれを着ることは決してないだろう。
その日の私の幸運なアイテムは