セフレは福島について考える

それどころか、セフレが個人について考えるなら、誰もが共通の認識で「世界」の概念を理解していますか?

たとえば、セフレ旅行が趣味家であれば、「世界」は地球上のさまざまな国を集める範囲になり、物理学者からは「宇宙」(または外界)が「世界」になる可能性があります。死に至る人や詩人の中から、身近な人、物、自然などの感覚で感じることのできる範囲は「世界」であり、人間以外の動物であれば食物連鎖

福島でセフレ

セフレを取り囲むことは “世界”かもしれない。

このように考えると、たいてい、しばしば曖昧に使われる「世界」の概念は、実際には実際には存在しません。
私はここにいて、あなたはただそこにいます。物事はちょうどそこにあり、お互いに自然に関連しています。その拡張機能の延長だけではないのですか?